So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

個人の不労所得ブーム [デザイナーズレントハウス]

pht_pool_l-thumbnail2.jpg

店に「不労所得」の本が山積みです。



サラリーマン不動産投資」や「ネットのアフェリエイトビジネス」などなど。

「不動産投資」はローンが厳しく、「アフェリエイト」の成功者はごくごく一部でしょう。

そんな中、新しい不労所得ブームが予想されています。

れは、“Airbnb民泊”です。

そのやり方は次のような方法です。


ある若者は、先のアパートは借りたまま、新しいアパートに転居します。


そして、先のアパートに安価なリサイクル家具家電を配置し、Airbnb民泊を始めます。


に、月額家賃5万円の物件を、一泊5,000円で25日稼働すれば12万5千円です。


普通、外国旅行者は一泊だけでなく連泊が多いので、比較的稼働率は高いと思います。


そこから収入の20~30%を代行業者に支払って、すべてを任せてしまいます。

不労所得金額:
12.5万円×0.7-5万円=3.75万円
すでに賃貸中の物件であれば、敷金や礼金も不要です。


(ただし、大家さんにばれなければですが・・・)
現在、ほとんどのAirbnb民泊は旅館業法違反。


だし、個人の人であれば、仮に保険所に見つかっても「やめます」でOKのようです。


政府が規制を強化しても、探し切れず潰し切れないように思います。

ローン不要でローリスク。
アフェリエイトとも違って手間がかからない上に確実で高収入・・・。


しっかりした代行業者に任せることができれば「不労所得」完成します。

さらにアパートを貸し増しし、物件数を増やしていければ、1室3.5万円でも10室で35万円、

30室であれば100万円突破です。

これからそんな「不労所得本」が書店に平積みされるでしょう。


nice!(0) 
共通テーマ:住宅
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。